通信制高校とサポート校の違い| つくば市のIT系通信制高校サポート校なら全国広域のつくば高等学院

サポート校と通信制高校の関係

サポート校は、通信制高校の生徒が単位を円滑に取得出来るようにサポートする教育施設のことを言います。
つくば高等学院では通信制高校の明蓬館高等学校と提携し通学施設で皆さんの学習サポートを行っています。
通信制高校では、レポート(添削課題)の提出、スクーリング(面接指導)の出席、中間、期末テストなどの試験の合格によって単位が認定され修得し卒業できます。
しかし通信制高校では生徒は自学自習が基本ですから、一人で学習することが多くなります。入学するまでは学習内容が一人で理解できるかという不安が大きいと思います。
実際、入学して学習を開始すると、学習内容が難しいという理由以上に一人で継続して学習をすることが難しくなり、途中で挫折したり、卒業が遅くなる事が全日制高校などと比べて多くみられます。また、自由な時間が多くなり昼夜逆転してしまったり、アニメやインターネット、動画、ゲームに依存したような生活になり、学習面だけでなく生活のリズムを崩す人も少なくありません。こういった様々な理由による学習の継続のむずかしさや、健全な生活をサポートするのがつくば高等学院の役割です。特につくば高等学院では、ITを通して、学習面だけでなく日頃の生活面や精神的な面でサポートしています。
つくば高等学院は学校教育法で定められた「学校」ではありません、しかし、通信制高校との提携により通信制高校の生徒の卒業サポートを行っており、卒業時には高校の卒業資格を取得できます。

通信制サポート校つくば高等学院のサポート内容

  1. ITの学習も本的に個別学習になりますので、自分のペースで学習することが出来ます。
  2. 小人数制をとっていますので、分からないことがあればいつでも相談できます。
  3. 毎日通学して仲間を作って交流しながら学習でき、通信制高校独特の孤独感や不安感が少なくなります。