通信制高校とは

TOP>FAQ>通信制高校とは

通信制高校とは

「全日制課程」「定時制課程」「通信制課程」とある高校を卒業するための課程のひとつです。
また、これらには「学年制」と「単位制」があります。
「学年制」では1つでも通知票に「1」が付くと進級できないデメリットがありますが、「単位制」では翌年度以降に落とした科目だけ再履修することができます。
大学などの仕組みに似ています。

通信制高校を卒業するためには

通信制高校を卒業するためには、3年以上の年月をかけ、74単位以上の単位を修得する必要があります。
そのためには毎年、次の三つの条件をクリアする必要があります。
条件詳細
レポートの提出 25単位の履修で年間およそ70~80課あります。課題レポートになっているので、各科目の問題集のような感覚で進めていきます。
教科書や参考書で調べて作成します。
提携校ごとに料や難易度に違いはありますが、締切内に全て合格する必要があります。
つくば高等学院では学校と連携し作成をサポートするので心配ありません。
スクーリング本来は年間20日ほど。メディアによる学習で3~8、9日に短縮される学校が多数。
提携校はこの枠内に収まります。
つくば高等学院に来ることはスクーリングにはなりません。
テスト(成果物) 所定の点数以上をとれば合格です。決して落とすための試験ではないので、あきらめずに学習しましょう。
明蓬館高校やアットマーク国際高等学校はテストの代わりに成果物でも単位習得が可能です。
成果物はつくば高等学院での行事や実習を記録したり、報告書を作ることで作成できるようになっています。
評価は学校が行います。
これらの条件をクリアしていくと単位を修得して最短3年で卒業できます。
転入や編入の場合は前籍校の在籍期間を合わせることができます。
通信制高校は単位制をとっているので、「留年」とか、○年生という言い方ではなく、○年次という言い方をします。
1年目は1年次、2年目は2年次、卒業の年は卒業年次ということもあります。

提携通信制高校

つくば高等学院は複数の通信制高校と提携しています。
高校名レポートの方式テストの方式スクーリングの方式
明蓬館高等学校オンライン成果物本校のある福岡県で3泊4日の合宿型
アットマーク国際高等学校ペーパー成果物本校のある石川県で3泊4日の合宿型
勇志国際高等学校(提携予定)オンラインペーパー千葉県松戸市の校舎で月1回ペースで年8~9日
いずれも特徴的な通信制高校です。
明蓬館高校やアットマーク国際高等学校はテストの代わりに成果物を実施するため、つくば高等学院で実施したイベントや実習が成果物に直結しやすいメリットがあります。
年1回のスクーリングは遠方になりますが、普通科目だけでなく特徴的な学校設定科目が用意されていて体験的な内容も多く思い出作りにもなります。
勇志国際高等学校は千葉県松戸市にあり、スクーリングが近くて便利な場所で受けられます。必要に応じて希望者は熊本県の本校では4泊5日の集中スクーリングを受けることができます。