通信制高校就学支援金目安

通信制高校における就学支援金の目安

卒業までに必要な単位数74単位分の支給が受けられ、1年間の標準的な履修単位数、25単位を履修する場合の世帯収入による学費負担の目安をご紹介します。

就学支援金は単位履修料に対してのみ支給され、施設費や教材費、積み立てなどには摘要されません。

世帯収入によって異なる就学支援金

高等部で通信制高校に入る場合、通信制高校の学費に対しては就学支援金の支給額が決まります。

支給額については以下のとおりです。

世帯収入910万円 以上

支給対象外のため支給されません。

世帯収入590万~910万円未満

基本的な支給額となり1単位当たり4812円支給されます。

25単位の履修に対して、

通常支給:120,300円

世帯収入350万~590万円未満

1.5倍支給:180,450円

世帯収入250万~350万円未満

2倍支給:240,600円※

世帯収入250万円未満

2.5倍支給:250,000円※

※ネット普通科コースを希望される方にお勧めです。

転校の場合

就学支援金は転校などで途中から学校を変える場合は受給できる額は、その年の残りの月数分になります。

就学支援金を受けられないケースの例

世帯収入が910万円以下でも就学支援金が受けられないケースがあります。

前年度までに単位を落としている場合は、落とした単位数分の就学支援金は受けられません。

学校に就学支援金受給に関する書類を提出しなかった場合は就学支援金を受けられません。

ただし、提出が遅れた場合でも提出すれば、受理された時点の分は受給可能です。