通信制高校は茨城県つくば市で充実

通信制高校・サポート校つくば高等学院は茨城県つくば市にあり高卒資格の取得だけでなく、プログラミングやIT技能を習得することができます。なぜこのつくば市に設置しているか、教室から近い見学施設の様子と共にご紹介させていただきます。

つくば市で通信制高校サポート校を

サイバーダインスタジオ内で解説を受ける生徒。
サイバーダインスタジオ

茨城県つくば市は全域を筑波研究学園都市と呼ばれ、様々な研究所や見学可能な博物館があり、普通では学ぶことのできない先端技術に気軽に触れられます。入学した生徒は通信制高校の生徒として教室で学ぶだけではなく、外に出て学ぶ機会も充実しています。つくば市内の研究施設には東京など茨城県外の地域からの宿泊学習や日帰りでで訪れる中学校や高校もあり、授業の一環として活用されることもあります。

地図と測量の科学館の立体メガネで見る日本地図
地図と測量の科学館

つくば市内を活用した学びは時間割に縛られず、自由に時間の使える通信制高校のスタイルを活かすことで街が学習の場となり、入学後の生徒の学習意欲を高める一つの要因になると考えています。ITやプログラミングの好きな生徒が多いつくば高等学院ですので、ロボットや半導体などの研究所の見学のみをイメージされる方も少なくないと思いますが、文理を問わずさまざまな施設があるのも魅力です。

筑波実験植物園の温室内の様子
筑波実験植物園

どの施設も展示を見たり話を聞くだけでなく、実際に展示物に触れたり考えることのできる見学施設になっており様々な工夫が魅力的です。「地図と測量の科学館」は地理の学習活動の一環として訪問します。筑波実験植物園は単に生物の学習の一環としてだけではなく、砂漠の気候や熱帯の気候を感じることができこれも地理の学習の一環としています。

豊里テクノパークの万葉歌碑
万葉歌碑

豊里テクノパークにある万葉歌碑、国語の学習の一環として散策。普段、座って学習することが多いので新鮮な気持ちで学習に取り組むことができます。

また自然豊かなこの地では、を耕し野菜を育てたり山(宝篋山)に登ったり自然と触れ合うイベントも経験できます。つくば高等学院でも畑を活用し、野菜を育て調理をするなど自然とのふれあいを大切にしています。

自然に親しむ農業体験

科学も自然も専門的な内容に、だれでも気軽に触れることのできるつくば市を学習の場として活用しない手はないと考えつくば市に教室を開設しました。これらは提携する通信制高校のアットマーク国際高等学校の成果物の作成には大いに役立ち、各科目な円滑な単位習得を可能にします。もちろん、作成についてはアットマーク国際高等学校つくばキャンパスとしてサポートしています。

便利な教室の所在地

教室はつくばエクスプレスのつくば駅から徒歩15分ほどの場所にあり、つくば駅までは市内の多くのバスが乗り入れ、土浦市、牛久市などの常磐線方面からもひたち野うしく駅を利用するとバスで教室から徒歩3分のバス停を利用することができます。電車を利用し、他県から入学する生徒もいます。

近隣に住んでいる生徒は、通信制高校のスクーリングの際やつくば市を出て学習活動を行う場合にはつくば駅やひたち野うしく駅に集合して出発することもあります。

茨城県つくば市二の宮1-2-1

タイトルとURLをコピーしました