プログラミングと通信制高校

プログラミングスキルを通信制高校在籍中に磨き、自分のペースで学習できるのがつくば高等学院のメリットです。

中学までに学校に通うのが苦手だった不登校の生徒や、学習が苦手だった発達障害の生徒も在籍している誰にでも通いやすい通信制高校・サポート校です。

通信制高校・サポート校でプログラミング

通信制高校は全日制過程の高校と比べると、時間が自由に取りやすい高校のスタイルであると言えます。もちろん、正式な高等学校の卒業資格を取得することができます。

通信制高校は普通科目を学ぶだけでも卒業できますが、ただただ学校から出された課題に取り組んで過ごすよりも、時間をうまく使って高校生活を楽しみながら卒業することが重要であり、特にITやプログラミングに興味のある生徒の集まるつくば高等学院では、ゲームの作成や各種基本的なソフトウェアの使い方を学ぶことで、ITやプログラミングを楽しみながら充実した通信制高校での高校生活を送り卒業を目指す考えを持っています。

C言語の練習

IT分野は急速な技術の進化とともに、開発をするプログラマやエンジニアには常に新しい風を求められます。ITと一言で言っても様々で貼りますが、将来、プログラマなどのITの分野で活躍したいと考える皆さんには、まず、第一に技術に触れる楽しさ、ワクワクを知る必要があります。

そして、プログラミング技術と論理的な思考力や問題解決能力、問題を読みとる読解力、理解力が求められます。これらを発揮することが楽しいと感じられる心を育てるのがつくば高等学院の役目です。

本学院では自由に時間を使って自分のペースでパソコンの基礎・基本的な使い方や知識を得るところからスタートして、ITを学ぶことができます。

カリキュラム主導の授業形式は取らない学習スタイルで、ほかの生徒と比べられたりついていけなくなる心配はなく、自分のペースでプログラミングを楽しみながら通信制高校の学習を同時にすすめられ、自分だけの方法を見つけ学ぶこともできます。

提携する通信制高校の、アットマーク国際高等学校については成果物の提出が必要なため、必修科目や選択科目に限らず、成果物として自分でプログラミングして作った作品を提出することもできる高校です。通信制高校の卒業にはレポートの提出、スクーリングの参加、試験での合格が必要です。

これに加え、アットマーク国際高等学校では成果物の提出も必要になり、成果物は成績評価の一部として加点される大切な要素です。つまり、テストのみで生徒を評価しない学校と言えます。

テストではうまく行かなくても、日ごろの頑張りを記録しておくことで成績として認められる良さがあります。つくば高等学院はアットマーク国際高等学校つくばキャンパスにもなっており、この成果物の作成もサポートしています。

通常であればプログラミングは工業高校などの専門性のある学校の学科でなければ授業の一環として取り組むことはありませんが、本校では普通科の高校生でも取り組むことができ、成果物として提出すれば評価に加わるのも魅力の一つです。

プログラミング言語

キャンパスで生徒にしっかりと教えるのはいくつかの言語の基本の一部。不安になるかもしれませんが、これは現場でプログラミング言語を指導してきた経験から導き出した結果です。

最初の実行までのコンパイルの仕方、変数、基本的なコマンドや関数の使い方など、そして、勉強している特定のプログラミング言語での書き方ではなく、普通の言葉で考え方の相談したり質問しながら進めていきます。基本的にはそれだけなのに、生徒はC言語、PHP、MySQL、JavaScript、Python、Ruby、VBA、Basic、Unity(C#)、HSP、Scratchなどほぼ自力で身に着けていきます。

ここで紹介する言語以外にも、生徒は日々、さまざまなことに挑戦していきます。

どのプログラミング言語でも必要に応じて躊躇せずにコードを書けるようになるのが、ツクガクのプログラミング技能習得のための学習スタイルです。

マインクラフトとPythonを連動

上の写真のようにRaspberryPiを使って、マインクラフトとPythonを連動させるなど個々の生徒にとってよりプログラミングが楽しめる方法を模索していきます。

ある生徒はアルゴリズムに挑戦し自分で改良を加えるなど、生徒が独自で様々な学習方法を模索し、また、ある生徒はwebサーバを構築するところから始め、PHPやMySQLについて学ぶ準備をしたりと自分に合った自由な方法で学んでいます。

プログラミングで成長する発達障害の生徒

自分が作りたいものを作るためには、徐々にレベルを上げ難しい課題を見つけ問題解決をするためには粘り強さが必要です。

自分の考えたゲームやシステムを完成させるためには、今の自分にわかるところからプログラミングを開始して、わかる範囲から少しずつ難易度を上げていき、自分で考えたコードを何度も見直し、修正する試行錯誤(トライアンドエラー)を繰り返します。

最初は一つのことにこだわって、全体が見渡せない生徒も少なくありませんが、失敗を繰り返すうちに学習し、「作りたい」、「完成させたい」という気持ちがあると徐々に視野が広くなる様子を目の当たりにします。

エラーの修正はプログラミングをしていて一番苦労するところであり、一番面白くて感動するところなのですが、プログラミングができないという人の多くはおそらくここで投げ出してしまうのでしょう。

かの本田宗一郎氏も「伸びる時には必ず抵抗がある。」と言っていますし、このエラー修正という伸びるときの抵抗を楽しめる人になってもらいたいと思います。

プログラミングを通して非認知能力を磨く

家で一人でプログラミングをしていると、質問したり相談する相手もなく、投げ出したくなることもあります。初めて手を付けようとするときは、何もわからず、何も進まなくて当然です。

そういう時こそ、教室に通ってプログラミングに取り組むことが重要と考えています。

教室には一緒に苦労している仲間がいます。同級生や先輩が苦労している様子をみると頑張る気持ち、粘り強さが湧いてきます。

最初はほんの短いプログラムでも試行錯誤や苦労を重ね、長い時間を費やしてしまうでしょう。

しかし、諦めずに作り上げたものは単に完成したプログラムというだけではなく、苦労して作り上げたという自分に対しての自信、想像をカタチにするうえで必要な問題解決能力が養われ、これは何物にも代えがたい実力と言えます。

また、質問や相談のめたにわかりやすい言葉で説明するコミュニケーション能力、これらは生涯にわたって自分の財産となります。

これらの力は教育でいうところの世界では非認知能力にあたり、これから進路を選び進学したり、社会に出て活躍していくうえで必要な能力の一部となります。

プログラムの細分化が楽しく継続する秘訣

長年の教室運営で生徒がどうしたら挫折しないか見えてきたこともあり、楽しく継続するためのノウハウも提供できます。

スモールステップの捉え方次第で、どうやったらプログラミングを継続できるかに繋がってきます。

1つ1つのステップが楽しければ、継続は可能です。

つくば高等学院ではみなさんに、これらの社会人として必要な能力を楽しみながらITを通して身に着け、充実した高校時代を過ごし卒業してほしいと考えています。

プログラミングやITが単位修得に結びつく

マイプロは生徒によってさまざまで、高校の教科である情報であればプログラミングの練習をそのまま情報の成果物として扱うことができます。

教科科目マイプロの例
地歴公民公共
地理総合
歴史総合
コンピュータリテラシーを学ぶ
施設の見学をgoogle work space等を用いて効率的に行う
写真の取り込み、ドキュメントの使い方を学ぶ
3Dデザインソフトを用いて、建造物などを再現する
理科科学と人間生活
物理基礎
物理
unityなどで物理演算を使ったプログラミング
コンピュータリテラシーを学ぶ
科学と人間生活
生物系
地学系
コンピュータリテラシーを学ぶ
国語現代の国語ワープロ検定、文書デザイン検定
練習の時にたくさんの文章を読む必要があり、読めない漢字などにも対応が必要。
またビジネス文書などの書き方を覚える必要がある。
言語文化古典の風景をメタバース空間で表現し、古典の世界を体感できるコンテンツの作成
漢文解読プログラム:漢文を書き下し文に直すプログラムを作る
数学数学基礎
数学I、数学A
スプレッドシートを用いて、問題を解く
プログラムを用いて教科書の問題を解く
英語コミュニケーション英語I英単語学習プログラムの製作
海外のプログラミングなどの情報技術紹介サイトの翻訳
国際交流
情報情報A、B、C各種言語を使ったプログラミングなど
教科書に載っているサンプルや演習からはじめ、アルゴリズムを完成させる。
美術美術I、II画像編集ソフトによる画像編集、メタバース空間のデザイン、3Dアバターの製作など

なにが良いかは学校でも大人でもなく生徒が決める

プログラミングの学び方は生徒によって様々で、決められたカリキュラムをを順番に学び進めることを好む生徒が一方で、いくつかのプログラミング言語に触れ、慣れてくるとネットや参考書などを使ってゲームなどの楽しそうなソースプログラムを見つけ遊びながら、徹底的に解剖するかのように学ぶ生徒もいます。

RaspberrytPiでエアコンのリモコンをハック。

どの方法が最適ということはなく、どんな方法でも生徒が自由に選んで学び、楽しく能力を高めていくことが重要であると考えています。

そのため、教室にはPCはもちろん、micro:bitやIchigoJamのような初心者でも基礎・基本を学びながら十分楽しむことのできる機器や、raspberry piやArduinoといった少し複雑なこともできる機器も用意しており、生徒はいつでも自由に使用することができます。

IT・プログラミング関連記事

疑似3Dダンジョンをプログラミング
検定試験合格おめでとう
粗削りながらプログラマー目指して成長
pythonを始める高1生
VroidStudioで3Dアバター作成
タイトルとURLをコピーしました