6月期プログラミング講座のご案内
つくば市のプログラミング教室

2018年2月17日

つくば市の小中学生のプログラミング教室

ツクガクプログラミング教室は、プログラミングに挑戦してみたい子供たちが気軽に自分のペースで学べるプログラミングを楽しめるプログラミング教室です。

つくば市内はもちろん、プログラミング教室にはこれまで阿見町、牛久市、稲敷市、松戸市から多数お子様にお越しいただいています。 フリースクールや通信制サポート校の経験を活かし、プログラミングやITに興味のある不登校生徒や発達障害のお子様、対人に自信のないお子様には、不定期になりますが完全に1対1のマンツーマンクラスも開校しています。  

プログラミング教室の運営時間

つくば高等学院プログラミング教室の運営は月曜と木曜の夕方です。 月曜の45分コース(1)のみ在籍の高校生も手伝ってくれています。

45分コース

(1)17:30~18:15(月・木)

(2)18:30~19:15(月・木) 料金:1回45分¥1,500円

80分コース

(1)17:30~18:50(月・木)

(2)19:00~20:20(月・木) 料金:1回80分¥2,500円

  • ScratchIchigoJamBASICJAVAスクリプトなどのプログラミング言語。その他。 ワープロ検定他、ITを活用したプログラミング教室です。
  • 自分のペースで学習できる自律学習スタイル
  • 科目に絡めた学習もできます!
  • 対象 小学3年~中学3年
  •    ※小学3年生以下、高校生等中学既卒者は応相談
  • お申し込みはフォームまたはお電話で029-858-5208
  • 場所 茨城県つくば市二の宮1-2-1 2F つくば高等学院

つくば高等学院プログラミング教室の学習スタイル

つくば高等学院プログラミング教室では日頃のつくば高等学院の学習スタイルで、学習しています。

基本的にはあまり詳しく教えたりはしてません。自分で積極的に学習し、分からないところは話し合うというスタイルをとっております。

そんなに詳しくはおしえていません

なのになんで、できるようになってしまうのか?

つくば高等学院のプログラミング教室では、子供達には、詰め込まずゆっくりと考えてほしいと思っております。

自分で納得しながらゆっくり考え、一つずつ試しながら開発を進めて、一つ一つの小さな成功体験を積み重ねながら、着実に実力をつけています。

大事にしているのは、プログラムの書き方ではなく「自分の考えを形にする力」  そういう力が欲しい、自由にやりたい、そんなスタイルの学習方法があっていると思う方はぜひお越しください。

パソコンは興味はあるけどちゅうちょしている方、不登校や発達障害でちゅうちょしている方。 ちゅうちょするくらいなら、やる気は十分。自分は自分、人は人、出来る出来ないは気にせず教室を覗いてみてください。

プログラミング以外にもワープロ検定や表計算検定など、検定試験に合格すれば合格証も出て就職や進学にも有利です。 パソコンの分解もOKです。組み立てて帰ってね(笑)

自由に使える機器

つくば高等学院のプログラミング教室には、分解できるパソコンやLEDなどの電子部品を用意しています。

プログラミング教室ですがソフトだけでなくハードもできます。自分で持ち込んだノートパソコンを分解してみました。これで、もし壊れた時のHDDやメモリの交換作業は一人でできるようになったかな。

上の写真はパソコンを分解して、中を点検し組み立てたときの様子です。

持ち込みも自由

つくば高等学院にはレゴマインドストームを持ち込む生徒もいます。

ライントレーサーを作りました。見たところ難しそうなものではないかもしれませんが、自分で一から考えて思った通りに動かすことは、道理を理解しそれを形にする力が必要な作業となります。

マイクラを持ち込むのもOK。 カリキュラムというほどのカリキュラムもありません。

こちらで不慣れなものを持ってきてもOKです。一緒に考えてみましょう。 自分が思ったことを具現化して、できたときの感動を大事にしましょう。  

プログラミング教室選びで迷っている保護者の皆様へ

ディジタルネイティブと呼ばれる現在の子供たちが、大人になったころITは今よりもっと普及していて使い方も変わってくることが予想できます。

プログラミングはこれからの子供たちに欠かせない技術かもしれませんが、楽しくなかったら継続できません。まずは楽しむことを重視したスタイルをとっています。

つくば高等学院のプログラミング教室では子供たちに任せてゲーム作りをすることが多く、それぞれアイディアをもって自主的に課題に取り組みます。

一つ一つの小さな成功体験や仲間と笑った記憶が、自信や好奇心につながります。

楽しむことを第一に考えゲームを作ることが多いつくば高等学院のプログラミング教室ですが、一方では人の役に立つものが作れるようになることを願っており、ときどき、ちょっとしたキッチンタイマー、ボードゲームで使うサイコロ、同じ数字が出ないように作るビンゴゲームやくじの抽選機、簡単なお絵かきプログラムなどの課題を出しています。

プログラミング教室では技術的なこと以上に、子供達にはまずは楽しむこと、人の役に立つこと、人を喜ばせるプログラミングを体験してもらうことで、将来、問題を抱えている人と出会った時、どうやって支援するかを積極的に考え、手を差し伸べてもらいたいと思っています。

 

そのためには、自分で考えたことを形に変えていく能力は重要です。

プログラミングをしながら、レベルが上がれば複数のエラーやバグが重なり修正も難しくなります。修正業(デバッグ)は1度や2度では終わらず、繰り返し、時間をかけて行います。

これによって粘り強さや課題に対する集中力が養われます。

修正のためにいろいろな方法を手当たり次第に試していくうちに、ダメでもやってみようという気持ちも育ちます。

そこに到達できるまで辞めそうになったり数年かかる子もいます。

そんなに簡単なことではないので急に結果は出ませんが、時間をかけて見守っていただければ幸いです。

ぜひ、当プログラミング教室をお子様の成長にご利用ください。

資料請求・お問合せ