高校卒業資格を通信制高校で取得

高校卒業資格を取得できます

通信制高校アットマーク国際の卒業証書。

つくば高等学院は通信制高校アットマーク国際高等学校のつくばキャンパスとされていて、中学を卒業している方なら最短3年間で高校卒業資格の取得として高等学校卒業証書が授与されます。

中学を卒業しているという意味では、単に中学校の既卒者を指すわけではなく、高校に在籍していて転校を考えている方や、一度は高校は退学したものの改め高校卒業資格を取得したいと考えている編入希望の方も含まれます。

高校卒業資格があれば高卒以上を条件とする就職試験はもちろん、大学や専門学校への進学も可能です。 提携校には指定校推薦もありますので、しっかり学習に取り組めば推薦書を出してもらうことも可能です。

高校卒業と高卒認定の違い

高卒資格として高校卒業と高卒認定が比較対象としてあげられることがありますが、決定的な違いとしては「高等学校卒業証書」のみが高卒資格であり、それと同等のものとして「高卒認定試験の合格証明書」があります。考え方として大学進学のための資格を高卒と同等と考えるなら、ほかにも資格はあります。

高等学校卒業証書

いわゆる高等学校の卒業要件は文部科学省によって定められている高等学校の課程で学習して所定の単位を修めることです。

高等学校の教育課程には全日制課程、定時制課程、通信制過程があります。

通信制過程では最低でも3年間籍を置きで74単位以上の単位を修得する必要があります。

細かい単位習得の要件としてはレポートの提出、テスト、スクーリングの参加、メディアを活用した授業の視聴などがあります。 詳しくは通信制高校の仕組みもご覧ください。

高卒認定試験

一方、高卒認定は文部科学省の調査、「高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)」によると、高校を卒業したのと同程度として認められる資格とはいうものの、実際のところは、 高校卒業とは扱いに開きがあります。

例えば、履歴書の学歴の欄に高校卒業とは書けません。 高等学校卒業程度認定試験合格者の企業等における扱いに関する調査の結果について(平成24年現在):文部科学省によると「高卒認定」については以下のようになっています。

特別支援学校高等部卒業資格

大学や専門学校に入学するための資格としては特別支援学校高等部の卒業資格もあります。

特別支援学校(とくべつしえんがっこう)は、障害のある方のための学校です。

高等部は「高等学校に準じた教育を受けること」が可能で、「学習上または生活上の困難を克服し自立が図られること」を目的としています。

専修学校高等課程卒業資格

「専修学校高等課程」、中学卒業以上の生徒を対象とした技能を身につける学習を主とした学校です。

学科は工業、商業から調理、服飾、理容など全国に多数設立されています。高校は違ったカリキュラムとなり「高等学校卒業資格」とはなりませんが、3年で卒業でき卒業後は大学進学なども可能です。

専修学校は就職に強く学校に直接求人募集が入るところも多数あります。

採用試験・人事考課における合格者の取扱い

高卒認定試験合格は会社によって扱いが違い、高卒と同等とは認められないことがあります。残ね年ながら役所などの自治体でもあり、旧大学入学資格検定(大検)に当たるものですので、いまだその意識は社会に残っているようです。

採用試験において「高卒と同等である」割合

企業:25.9% 自治体:44.9%

人事考課において「高卒と同等である」割合

企業:25.9% 自治体:44.9% 「高卒と同等である」割合は、企業より自治体の方が高く、高校を卒業した方が現時点では有利といえます。

タイトルとURLをコピーしました