2018夏休みIT講習会

高卒認定(旧大検)と高校卒業資格

2018年2月19日

高校卒業資格と高等学校卒業程度認定試験(旧大検)資格の違い

大学や短大、専門学校等に進学する際には高校卒業資格または、高認(高等学校卒業程度認定試験)の何れかが必ず必要となります。

つくば高等学院では、全日制高校と同じ、高校卒業資格を得ることができます。

  つくば高等学院では高卒資格取得をサポート

つくば高等学院は高卒資格の取得をサポートしています。

 高校卒業資格

高校卒業資格は学業の経歴として、「高等学校を卒業」した人に与えられます。これは、学校教育法の第1条で定められた高等学校を卒業したことを表します。
学校教育法の第一条で定められた高等学校を卒業するためには下記の条件が必要になります。
  • 全日制の場合は「3年」、定時制の課程、通信制は「各学校が定める3年以上の期間」在学していること。
  • 「高等学校学習指導要領」で定められた必履修科目を履修し、かつ、各学校が定める教科・科目の「履修」または「単位の修得」をしていること。
  • 各学校が定める74単位以上の必要な単位数を修得していること。
  • 大学・短大・専門学校に進学しない場合、履歴書の最終学歴は「高校卒業」となります。

高等学校卒業程度認定試験(高認)

平成17年度より大学入学資格検定(大検)が、高等学校卒業程度認定試験にかわりました。

高等学校卒業程度認定試験は、様々な理由で、高等学校を卒業できなかった者等の学習成果を適切に評価し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があるかどうかを認定するための試験です。
合格者は大学・短大・専門学校の受験資格が取得できます。
また、高等学校卒業者と同等以上の学力がある者として認定され、就職、資格試験等に活用することができます。
ただし、大学・短大・専門学校に進学しない場合、履歴書の最終学歴は「中学卒業」のままです。

資料請求・お問合せ