通信制高校での単位数とは

単位数は学習量

全日制高校では単位数は科目の履修に必要な授業の時間数を表しています。

全日制高校では週1回1時間の授業を1単位としています。

例えば、国語総合4単位なら週に4時間授業があるということです。

通信制高校では基本的には、1単位につきレポートを3回提出します。

4単位の場合は12回提出することになります。

出席日数も科目によって単位数の少ない科目では1単位当たり1時間~多いものでは5時間となっています。

メディア学習による減免

通信制についてはネット授業などによる減免もあり、 当校提携校もネット授業等で減免されているため大分少なくっています。

この他、定期テストに合格することで、学年末に単位認定となります。

単位を取るには レポート+出席+テスト が必要になります。

 

よく、全日制高校の1年生の方に、自分は今何単位持っているかを尋ねられますが、 1年生に在籍している以上、基本的には単位は持っていないことになります。

2年生になれば1年生の時単位を取っているので単位を持っています。