中学在籍とフリースクール

中学校に在籍しフリースクールに

つくば高等学院の中等部に限らず、基本的にフリースクールでは現在在籍している中学校にはそのまま在籍していただきます

つくば高等学院にはありませんが、小学生がフリースクールに行く場合でも小学校に籍を置く必要はあります。

フリースクールでも中学校に籍を置いておく必要がある。

フリースクールは学校ではなく学校外の居場所にすぎません。  学校によって対応は違っていて、つくば高等学院への登校を出席扱いしてくれる中学校がある一方で、出席扱いしてくれない中学校もあります。対応は一様ではありません。

私立中学をやめてつくば高等学院に入学する生徒もいますが、その場合は生徒は、お住まいの近くの中学校に籍を置くことを勧めています。 中学に籍がないと中学校卒業ができなくなってしまいます。高校にも入れません。

そうなってしまった場合は中学校卒業程度認定試験というものがあるので、中学卒業時には受験する必要が出てきます。 この試験は外国籍方で小学校に入学したのが日本の学齢期とずれていたり、何らかの理由で日本の中学校卒業と同程度と満たされない場合に受験する試験です。

学校に籍を置くことで大抵の場合は中学校の卒業資格は得られますので、籍はそのままにしましょう。

高校の場合は、大抵は通信制高校に所属してフリースクールやサポート校で勉強するパターンが多いです。つくば高等学院はフリースクールでありサポート校です。

はるばる遠方から来てくれる生徒も少なくないので、人数はとても少ないですが県外の生徒とも出会えます。

コメント