高1ショックで通信制高校へ

高校1年で不登校になった原因の一つ

高校に入ってから不登校になった生徒、実は中学時代に不登校でこれまで高校で頑張ってきたけれどやっぱり再度不登校になってしまった生徒も通信制高校やサポート校に多く在籍しています。

そんな高校生の不登校のケースでこれから増えていくのではないかと、精神保健福祉士さんに言われたのが「高1ショック」です。

高1ショック

最近は小学校から中学校まで、一貫教育の義務教育学校が増えており、小学校からほぼ変わらない慣れ親しんだ環境の中で、慣れ親しんだ仲間と過ごすことができるのは気持ちも楽なのですが、一方で高校入学の際には大きく環境が変わり対応しきれなくなる高校生も出てきます。期待を胸に飛び込んだ高校でなじめない、そんな状況を「高1ショック」というそうです。夏休みくらいから少しずつツクガクへの問い合わせも増えてきます。

また、学力面での高1ショックもあるようで、県内トップレベルの高校にいながら、実際のところ学習についていけなくなったというわけではないのですが、入学したとたん、周りがみんな自分よりできるように見えて差を感じてしまい高校に生きずらくなってしまう人もいるそうです。

高1ショックでも通信制なら大丈夫

もし、お子さんやご自身が高1ショックでこれ以上は今の高校を続けられないと思ったら、通信制高校への転学を考えてもよいのではないでしょうか?

通信制高校に入ることへの抵抗を持っている人もいますが、そのまま無理を続けて精神的な負担がかかって結局退学してしまうようであれば早めに通信制高校へ転校することをお勧めします。こう書いてしまうと何をどう取り繕ってもツクガクへ入ることを勧めているようですが、このページには全国から不特定多数の方が訪れ読まれていることかと思いますので、お近くの通信制高校やサポート校をお尋ねください。

きっと状況をよく理解してくれる先生方がいると思います。学校に行けなくなることは別に悪いことではないし、どうせだったら人生の中でかなり重要な時間となる高校時代、我慢などせず、楽しんでほしいところです。

タイトルとURLをコピーしました