6月期プログラミング講座のご案内
発達障害生徒も通信制高校卒業

2018年2月21日

発達障害の生徒もきちんと単位修得

通信制高校は発達障害にかかわらずレポートや成果物をITを使って学習することで、無理なく高卒資格を取得できるところと提携しています。

発達障害の生徒も在籍卒業ています

発達障害の生徒もITの検定を取得したり、単位認定を受け問題なく高校を卒業しています。

現在もつくば高等学院には発達障害の生徒は在籍しています。 とくに、発達障害の専門のスタッフや専属のカウンセラーもいません。 しかし、各自が個別に自分のペースで学習しており、それを個別に一つ一つサポートしています。

文字を読むのが苦手な生徒もいれば、ワーキングメモリーの弱い単位記憶の苦手な生徒もいます。 なにより、ITが好きな生徒には居心地がいいようで、毎日通学できています。

発達障害の状況や特徴、生徒の性格がわかればそれに合わせた学習方法を提案していきます。 WISCシートなどありましたら是非ご提示ください。早期に適応した学習方法を見つけられることがあります。

発達障害の生徒だからとずっと横についてサポートすることはありません。 できるようになったら進度のチェックなどペースメーカの役割はしますが、基本的に本人の力で学習してもらいます。  

また、他の生徒と比べてプレッシャーを与えることもありません、好きなことにとことんのめり込む生徒にとってはチャイムもなく自分のペースで学習していけるのは都合がいいようです。

小学校、中学校では、あまり学習をしたことのない生徒でも、本学にきて、今では自主的に英語の課題に20時間以上かけて取り組んでいるようなケースもあります。

資料請求・お問合せ