ディスレクシアの生徒もレポート提出らくらく

ITやプログラミングの技能が修得できる通信制高校・サポート校として2014年に開校し、以来、学習の苦手な生徒、特に文字の読み書きの苦手なディスレクシアの生徒や、話すことの苦手な場面緘黙の生徒を受け入れITを活用しながら卒業をサポートを続けています。現在も様々な生徒が在籍しています。

ディスレクシア

簡単には特に知的な遅れや勉強していないというわけでもなく、とにかく文字の読み書きが苦手というケースがあり、発達性の読み書き障害を指す言葉です。

電子教科書が利用でき、レポートやメディア学習などの提出物はPCを使って入力して提出できます。マルチメディアを活用することでIT活用能力もアップ。

何人かのそういった生徒と関わってきました。

生徒によって大分違いますが、いろいろな苦労をしています。

文字を読むことは全く問題がなく、文字を拡大すれば教科書も読むことができるという生徒はレポートも自力で解くことができたり、普通にアルバイトをしている生徒もいます。自分がどうすればできるかに気が付くことによって、ITを活用し飛躍的に成長することがあります。

彼らはつくば高等学院で高校生活を送り、順調に単位を修得し、高校卒業ができたのはレポート提出にITを活用できる学校と提携していたからであると断言できます。

通信制高校には提出物の提出にITを活用できる学校とそうでない学校があります。ディスレクシアの方にはキーボードやタブレットで入力して提出できる学校を選んでほしいところです。

レポートを手書きでしか回答できない通信制高校

通信制高校は学校によって、レポート(添削課題)の提出は手書きが必須要件で用紙による提出あるいは、タブレットを使って手書きで入力しなければならないことがあります。
文字の読み書きが苦手なディスレクシアの生徒には厳しい学校となります。
このことに気が付かず、通信制高校を選んでしまうとディスレクシアの傾向のある方は高校入学後苦労すると思います。

レポートをキーボードやタブレットで回答できる通信制高校

通信制高校はたくさんありますが、つくば高等学院はキーボードやタブレットで入力できる通信制高校と提携しています。
キーボードやタブレットによる入力が許されるか否かは、学校単位で決めている場合もありますが、実は都道府県の教育委員会によって対応が違っています。つくば高等学院が提携するアットマーク国際高等学校については、キーボードやタブレットによる入力が認められているため、ディスレクシアの生徒も自力で回答できるというわけです。

キーボードによる入力はIT技能を身につけるうえで現状は必須となりますので、つくば高等学院で学習しながら慣れていけると良いですね。ワープロ検定なども実施しているので、早く打てるようになれば上位の級も狙えるようになり、単位習得のための提出物として学校に提出できるので一石二鳥にも三鳥にもなります。

教科書は電子教科書が使える

教科書の文字を読むのも一苦労という生徒も少なくありません。一苦労でも読めるなら問題ありませんが、読んでいると眠くなってしまったり、頭痛がしてくるような場合でしたら電子教科書の利用をお勧めします。読み上げもできますし、拡大したり検索することもできます。ディスレクシアの診断がある場合はAccessReadingによる無料のテキストデータ使用することもできます。

高校選びは慎重に

読み書き、特に書くのが苦手な方で通信制高校を選ぶ場合は必ず、レポートは手書きかPCなどを使って入力できるのかご確認ください。もし、手書きでしか提出できないのでしたら卒業まで苦労すること必須です。

タイトルとURLをコピーしました