発達障害の生徒も学んでいます

通信制高校と発達障害

通信制高校サポート校として、つくば高等学院では発達障害の生徒を受け入れています。

受け入れられる範囲はありますが、アスペルガー症候群やADHD、学習障害などの場合は通信制高校のレポートやITを使った学習方法、プログラミングと相性のいい場合もあります。

既に中学時代、特別支援教室に通っていた生徒を受け入れ、卒業している実績もあります。

発達障害で特別支援室にいた生徒も在籍

つくば高等学院では自分のペースで学習でき、書字や読字が苦手でもITを通して学習を円滑にすることで無理なく学習を進めている生徒がいます。

提携校通信制高校(アットマーク国際高校)はレポートなどの提出物が必ずしも手書きである必要はなく、ワープロソフトなどを使って入力したり電子的な提出が可能です。

生徒には主にワープロソフトを使っての提出をお願いしています。

もちろん、授業で分からないことはつくば高等学院でもサポートしますし、提携通信制高校の協力も得られます。

文字の読み書きが苦手な生徒への対応

インターネットを通して、課題を提出できる提携通信制高校アットマーク国際高校高等学校。登校はアットマーク国際高校つくばキャンパスとして同校に属しています。

書くことへの対応

通信制高校というと、レポートなど提出物の作成が多いイメージがあり、書くことが苦手な生徒には不向きなように思われがちですが、書くことはパソコンを使ってキーボードからの入力により円滑に提出物の作成ができるようになります。

うちにはパソコンもないし、うちの子はスムーズに入力なんてできるのかな?

飯島
飯島

通学している生徒の中にはパソコンが得意でなかったり、パソコンがおうちにない生徒もいますが、ワープロ検定などを通して練習することで徐々にスムーズに入力できるようになりパソコンを使った勉強の仕方を楽しめるようになっています。

読むことへの対応

AccessReadingに依頼して教科書をテキスト文書化(電子データ化)してもらうことで、パソコンを使って文字を読み上げることができるようになります。
これを使って学習すると、苦手な「読み取る」という作業をパソコンが補います。

視覚から文字を読み取って意味を理解するまでに時間がかかり疲れてしまう生徒も、これによって読むということについては、耳からの情報で対応できるようになり、少しは負担が軽減されるようです。

提携の通信制高校が用意するレポートの問題も、データ化されていますので同じように耳から情報を入れることができ、教科書から探して抜き出すようなタイプの問題ではテキスト文書化された教科書のデータ内を検索し、回答を導き出すことが可能です。

お問い合わせ・資料請求

通学を希望する方は茨城県つくば市の教室へ

通学して学習することができるので毎日通学して学習を進められれば、単位を修得しやすくなります。通学は茨城県のつくば市にある教室に週1日から週4日までコースがあり。水曜は自由登校ですので、実質週5日通学することができます。
  • 週2日コース:週に2日と自由登校日の水曜日に通学することができます。曜日はあらかじめ決めていただいています。
  • 週4日コース:週に4日と自由登校日の水曜日に通学することができます。

※水曜日は基本は午後1時からの開校となります。

検定試験に挑戦

発達障害の生徒も通信制高校出学びながら資格取得。
  • 書字読字が苦手な生徒でも、ワープロ検定で上位の級に挑戦しやる気次第で合格しています。
  • 練習は基本的に安定して合格できるようになるまで、反復して何度も練習します。
  • 年数に回、受験するチャンスはありますので、合格できるようになってから受験すれば確実です。
  • 合格した検定試験は履歴書に書くことができます。調査書に記載されますので、進学や就職の時に高校時代の取り組みのアピールとなります。

検定試験の例

  • 日本語ワープロ検定
  • 情報処理能力検定表計算検定
  • 情報処理能力検定データベース検定
  • 文書デザイン検定
  • ホームページ作成検定
  • プレゼンテーション作成検定

保護者の方へ

WISCなどの結果がある場合は、ご提示いただけると結果に則した方法で学習を進めやすくなります。 ぜひご提示ください。

タイトルとURLをコピーしました