2018夏休みIT講習会

プログラミングを通して自律的に成長できる生徒になる

2018年2月21日

生徒の作品を見た方から、「ずいぶんしっかり教えるんですね?」とか、 「私も教えてもらいたい」というようなコメントをいただきましたが、 つくば高等学院では、基本的には教えるということをしていません。

保護者からは不安がられて当然ですが、教えるのは最初のうちほんの少し。 あとは相談があったら一緒に考える程度です。

そうすると、生徒が生徒自身の力で自律的に成長していきます。

こうやって、遊びながら独学でⅹ座標がY座標がと考えていくわけです。 さらには敵に追いかけされるには、敵のX座標-自分のX座標>0の時は…と、 自然と考えていきます。

すると自動的に数学力が身につきます。 分からないことがある時、生徒から相談を受けます。 直接答えを教えはしません、一緒に考えます。

生徒が自ら考え、 具体化していかなければ独自の成長は望めません。 生徒が自発的に深堀して進めていくと、自然な動きに見せるように自ら物理を学んだり、 ストーリーを充実させるために国語や歴史、他の教科についても深く生徒が自ら学習していきます。

もちろん、ITが好きで、やってみたいと思う子でないと難しいことです。 そういった生徒が、自由に学習できるのがつくば高等学院です。

資料請求・お問合せ