2018夏休みIT講習会

通信制高校で場面緘黙生徒も学習

2018年4月29日

通信制高校なら場面緘黙生徒も学習できる

IT系通信制高校サポート校のつくば高等学院には場面緘黙の生徒もいます。

場面緘黙は家族など近しい身内とは話せても、学校や社会生活では話しにくい状態の人で、声がまったくでないわけではないのですが出しにくい方です。

ITと場面緘黙

ITは場面緘黙の方にとって相性はよいと考えています。 例えばつくば高等学院では場面緘黙の生徒とは通信制高校サポート校として、生徒とチャットやメールで会話を行います。

個人でITを使った仕事をする場合にはプログラミングはもちろん、webページの編集なども特にグループで仕事をする必要がなく、グループで仕事をする場合でもチャットやメールで十分事足りると言えます。

当然、説明資料を作るためのワードやエクセルなどのワープロ技能や表計算ソフトの活用能力もアップし、 相手に意思を伝える能力も高めることができます。

コミュニケーション不足を補う語彙力

つくば高等学院では通信制高校の課題を作る場合に自分でインターネットや書籍を使って、調べたり考えたりしてもらう機会が多くあります。

高校への提出物を作成しながら、知らなかった言葉を調べ学習を進めていくうちに語彙が増え、学習への意欲も高まります。

場面緘黙の生徒からの積極的な会話

場面緘黙の生徒から積極的に声を出して会話するのはなかなか難しいですが、つくば高等学院の場面緘黙の生徒は慣れてくるとチャットを使って、自らいろいろなことを話しかけてくれます。

場面緘黙の生徒たちは、時間をかけプログラミングやITのことはもちろん、見ているアニメのこと、ゲームのこと家族のこと、スクーリング中もスマートフォンなどを使って、分からないことは何でも質問してくれるようになりました。 中には声を振り絞って、時々ですが返事を返してくれるようになった生徒もいます。

最初の数か月は全く声が出なくて、半年くらいたってほんの僅かな言葉ですが、自ら声を聞かせてくれるようにった生徒もいます。  

資料請求・お問合せ